TAKAHIRO WATANABE OBOE RECITAL 2018 SPRING

ドイツ・ベルリンを拠点にグローバルで活動するオーボエ奏者「タカヒロワタナベ」。

2年ぶりとなる日本でのリサイタルが、2018年4月7日に地元湘南で開催されます。

この機会を是非お聴き逃しなく、お気軽にお問い合わせください。

〜 本公演のチケットは完売いたしました。また次回のリサイタル等、是非よろしくお願いいたします。〜

 

 

 


Event

◯ 日時

・2018年4月7日(土)

 開場13:00,  開演14:00

 

◯ 会場

・茅ヶ崎 Studio Berceau

 (スタジオ ベルソー)

 茅ヶ崎市共恵1-8-20 4F, 5F

 Phone: 0467-38-8133 

 

 


◯ チケット

・一般: ¥3,000 税込 全席自由席

・学生: ¥2,000 (大学⽣まで)


〜 本公演のチケットは完売いたしました。また次回のリサイタル等、是非よろしくお願いいたします。〜

 

※3/28以降にお申し込みの場合、チケットは当日受付でのお渡しとなります。

※学生チケットご購入の場合は当日学生証を携帯ください。

 

 

◯ Program

・Roberto Schumann: Fantasiestücke Op.73

・Charles Koechlin: "Au Loin" Op.20, Chant pour Cor anglais et Piano

・Francis Poulenc: Sonata pour hautbois et piano FP185

・Johann Sebastian Bach: Partita in A minor BWV1013

・Heinz Holliger: Berceuse pour M. pour cor anglais solo

・Antonio Pasculli: Omaggio a Bellini 

 

◯ Artist

・渡辺尚洋 / Takahiro Watanabe (オーボエ, イングリッシュホルン)

 中学時代に初めてオーボエの音色に魅せられ、オーボエ奏者を志す。湘南高校卒業後、東京芸術大学音楽学部に進学、首席で卒業。芸大定期新卒業生紹介演奏会にて芸大フィルハーモニアと共演。同大大学院を中退しスイスに留学。チューリヒ音楽院及びヴィンタートゥーア音楽院修了。第7回管打楽器コンクール入選。第9回管打楽器コンクールにて第2位入賞。第3回国際オーボエコンクール・東京にて日本航空賞、1992年マルクノイキルヒェン国際コンクールにて奨励賞。1996年ローザンヌにてハンス・ショイブレ・コンクール第2位入賞。1997年よりノルトハウゼン歌劇場/ゾンダースハウゼン交響楽団の首席奏者を務めた後2003年よりブランデンブルク州立管弦楽団フランクフルトのソロ・イングリッシュホルン奏者となり現在に至る。これまでオーボエを西野明男、斎藤勇二、小島葉子、小畑善昭、トーマス・インダーミューレ、ルイズ・ペレランの各氏に師事。

 ゾンダースハウゼン交響楽団在団中は数多くのオーボエ協奏曲を同団と共演。2004年にはクラシッシェ・フィルハーモニー・ボン室内管とイングリッシュホルン協奏曲を共演。2012年ルーマニアのシビウ市にてフェニックス室内管と共演。2013年にはベルリンにて新プロイセン・フィルハーモニーとモーツァルトの協奏曲を演奏した。

 現代音楽にも積極的に取り組み2001年9月にはゾンダースハウゼン交響楽団とペテリス・ヴァスクスのイングリッシュホルン協奏曲のドイツ初演を行った後、2014年5月にもブランデンブルク州立管弦楽団フランクフルトの定期演奏会にて同曲を再演した。2010年シュトックハウゼン夏期講習会に参加し「クロイツシュピール」を演奏、さらに「クラング(響き)」からの第7曲「バランス」の演奏には奨励賞が贈られた。同年11月にはサンクトペテルブルクの現代音楽フェスティバルに招かれ同曲を中心とした現代作品のプログラムを演奏した。

 2016年4月藤沢「リラホール」以来、2年ぶりの地元リサイタルとなる。

 2003年よりベルリン在住、現在に至る。ノイエ・プロイズィッシェ・フィルハーモニー・ベルリン(新プロイセン・フィルハーモニー)主宰。http://neue-preussische-philharmonie.de

タカヒロワタナベOfficial HP: https://takahiro-watanabe.com

 

◯ 参考音源

マルティヌー作曲オーボエ協奏曲より第2楽章 https://youtu.be/DCMd58KLMM4

ペテリス・ヴァスクス作曲イングリッシュホルン協奏曲より https://youtu.be/MvZwjPF9kjE

 

 

・渡辺久仁子 / Kuniko Watanabe (ピアノ)

 東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業。その後ドイツに留学し、コンラート・ハンゼン氏の薫陶を受ける。

 日本に帰国後、神奈川県湘南地域を中心に活動する「湘南エールアンサンブル(日野原重明記念管弦楽団)」の団員、ソリストとして活動。2005年にはヨーロッパツアーにてイギリス、フランス、チェコで室内楽を演奏、好評を博す。

 また、ピアニストとしての活動も多岐にわたり、クラシックに限らず、ジャズやシャンソンなど、様々なジャンルで精力的に活動中。

 

〜 本公演のチケットは完売いたしました。また次回のリサイタル等、是非よろしくお願いいたします。〜